こうはいナビに入ったきっかけ①

未分類

皆さん、こんにちは!
教育学部4年のA.Mです。

夏休みも終わり、やっと体が慣れて来た頃でしょうか。皆さんいかがお過ごしですか?

さて、こうはいナビでは新規スタッフの募集を行っています!

そこで今回は、学生スタッフとして活動して4年目を迎える私が「こうはいナビ」に入った理由や魅力について紹介したいと思います。

 

〈こうはいナビに入ったきっかけ〉

私がこうはいナビに参加したのは1年後期になります。

夏までは違うサークルに加入していたのですが、「雰囲気が合わないなあ…」と感じ、後期からは違う活動をしようと考えるようになりました。

その時こうはいナビに参加していた友人からの勧めもあって、秋学期から参加しました。

一年後期からという中途半端な時期の参加ではありましたが、優しい同期や先輩方に囲まれ、すぐにナビの雰囲気に慣れることができました。この懐の広さがこうはいナビの魅力の一つではないかなと思います。

 

〈ナビ内の雰囲気〉

私たちは大学公認プロジェクトとして、学部や学年を問わない在学生と大学職員が協働で活動しています。
最初は先輩に遠慮していたのか発言できなかったスタッフでも、ミーティングに参加するうちに自分の意見をどんどん伝えられるようになり、驚くと同時に頼もしく感じます。企画を一から作り上げていく過程は、楽しいだけの作業ではありませんが、大変である分非常にやりがいを感じるものだと思います。

 

またミーティングだけではなく、早慶戦やクリスマスパーティーなどのイベントも多くあり、違う班の人とも仲良くなることが出来ます。私自身、こうはいナビに参加することで、様々な人と出会い、たくさんの経験ができたなあと感じています(^^♪

 

〈仕事のやりがい〉

こうはいナビでは、企画ごとに構成される班に分かれて、毎週木曜6限に早稲田キャンパスでミーティングを行っています。
私はこれまでオープンキャンパスや科目登録相談会といったイベント企画系の班と、こうはいナビの広報を担当する広報班を経験してきました。

イベント企画班ではイベントの対象者のニーズや不安などを探りつつ、新しいイベントを考えていきます。もちろん失敗した企画もありましたが(半年練った企画の来場者が2名だった時は脱力しました…笑)

その反省を生かし、新たな企画が成功したときの喜びや達成感はひとしおです!

 

長々と語ってしまいましたが、入ってみなければ分からないこともあるかと思います。

こうはいナビに興味をもって下さったそこのあなた!

「My waseda」などを通じて応募してみてくださいね。

ミーティングでお会いできるのを楽しみにしています!