ワセメシを喰らう。

未分類

こんにちは、社会科学部1年のY.Uです。

今回はワセメシについて、私なりのおすすめをご紹介したいと思います。

…といってもあまりにおすすめが多いので、今回はワセメシの魅力について、他のメシとの違いをメインにお伝えしたいと思います。

そもそもワセメシとは、お腹をすかせた貧乏学生の早大生たちをターゲットに、安さ・多さ・美味さを売りに勝負をしているご飯屋及びご飯のことを指します。

今でこそワンコインのランチなどは流行ってはいますが、多くのワセメシはそんなただのワンコインメシとは一線を画すものばかりです。

例えばワセメシに圧倒的に多く存在する「揚げ物」では、通常では考えられないほどの油を使用し、あえてギトギトの一品を生み出し、ハイカロリーで早大生のお腹を満たします。

通常では1000円は下らない量の乗った丼や、おかわり自由の定食など、様々な工夫をもって、我々を惹き付けるのです。

一説によれば、ただでさえ競争が激しいと言われる飲食業界でも、特にここ早稲田の地で長年生き残るには、宝くじを当てるのと同じ位に難しいとも・・(実際に某人気飲食チェーンも、早稲田に開店して半年もたたないうちに店じまい。なんて光景を私自身、この目で見た事があります・・)

ただ裏を返せば、それだけ厳しい競争が繰り広げられているこの地で繁盛しているようなお店は、本当に美味しく、皆に愛されているお店ばかりであるという事です。

今年で早大生2年目となる私も、まだまだ行きたいお店ばかりで、お昼時になるとどこに行こうかと悩んでしまいます。

皆さんも入学後の楽しみの一つとして、今のうちからお店選びを始めてみてはいかがでしょうか。そして、おすすめのお店を発見したら、ぜひ私にも教えてください!!