早稲田大学の歴史的建造物Part1(演博)

未分類

皆さんこんにちは。文化構想学部2年のT.Sです。

今回はキャンパス内にある早稲田大学演劇博物館(通称:演博)について紹介させていただきます!

 

演劇博物館は本学の卒業生である坪内逍遥の発案によって1928(昭和3)年に設立された歴史ある建物です。

逍遥の研究対象であったシェイクスピアに関連し、建築様式はエリザベス朝時代のイギリスの劇場をモデルとしています。

まるでヨーロッパのような雰囲気があり、とてもきれいです。

館内にもシャンデリアがあったりと、クラシックな雰囲気に包まれていて学部棟とは別世界のよう!

演博には、役者絵・舞台写真・小道具・記録映像・音源・・・など

とにかく演劇に関する資料が豊富です!

常設展のほかに企画展演劇講座演劇上演などのイベントも多く開催されています。

まさに、演劇ファンにはたまらない場所です(^-^)

入場料は無料となっているので、頻繁に通い詰めて演劇知識を深められちゃいます!

早稲田大学に入学して演劇を極めてみる大学生活を送ってみてはいかがですか?