早大生の一日~ゼミ&ワセメシ編~

【特集!】ワセメシ紹介, 【特集!】早大生の事情, 夏休み特別号!, 学生生活

こんにちは、教育学部3年の竹村です。

 

今回は学生生活について紹介したいと思います。

 

 

大学の授業で高校の時と大きく違う点は、演習の授業があることです。たとえばゼミです。

演習の授業は先生から一方的に講義を受けるのではなく、学生側からの発表やそれについての意見交換などをみんなで行う少人数の授業です。

僕が所属しているゼミのテーマは人権です。例えば女性や患者の人権などについて学生が発表し、それについての議題をみんなで話し合います。このように学生が自分たちで授業を行うのがゼミです。

 

また大学生になって多くの人はバイトを始めます。

僕はできるだけ午前中に授業を入れて、午後にバイトを入れるようにしています。

大学生になると時間割を自由に入れることができ、時間を有効活用することができます。

 

 

研究やバイトをすればお腹が減りますね。早稲田大学の周りには多くのごはん屋があり、安くてボリューム満点です。僕たちはワセ飯と呼んでいます。

ちなみに僕がよく行くワセ飯は早稲田キャンパスの南門から徒歩30秒の某洋食屋です。定食はボリュームもあり、味もめっちゃうまいです!!特に僕のおすすめはみそかつ定食です。カツの中にネギみそが挟んであり、意外と相性がよくごはんがすすみます。ぜひぜひご賞味ください!

早稲田界隈にはこういうお店がたくさんあります。皆さんも入学後は、自分のお気に入りの店をみつけてください!