~院生から未来の後輩へ~

【特集!】早大生の事情, 受験勉強, 夏休み特別号!

皆さん、こんにちは!大学院教育学研究科修士1年の滝口です。

早稲田大学を愛するあまり学生生活も延長戦、5年目に突入しました。

そろそろキャンパス内は目をつぶっていても歩けそうな気がします。

 

さて、そんな私から未来の後輩である皆さんへ、メッセージを送ります。

受験勉強の息抜きがてら、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

「早稲田大学」を一言で表すと、本気になれる「何か」が見つかる場所です。

勉強、サークル、アルバイト・・・大学生活は、皆さんが思っている以上に自由であり、

「何か」をするもしないも自分次第ですが、自ら動いて求める者には、本当に多くの物を与えてくれる場所です。

 

早稲田大学には多種多様なバックグラウンドを持つ人々が集まっているので、

キャンパス内でカルチャーショックを受けることもしばしばです。笑

ですが、誰かが「本気」で頑張っていることを、笑う人は一人もいません。

むしろ、みんなが応援してくれます。

 

 

だからこそ、受験生の皆さんにはぜひ、ここ早稲田大学を目指して欲しいです。

入学したことを、絶対後悔させません!

 

夏休みも終わり、受験生の皆さんは色々な想いを抱えていることでしょう。

 

「しっかり勉強することができた。この調子で頑張ろう。」

「全然勉強に集中できなかった。このままでは早稲田は無理かもしれない・・・」

 

いずれにせよ、言えることはただ一つ。

 

勝負はまだまだこれからです。

 

結果はどうあれ、自分で自分の進む道を決め、そこに向かって努力することは、

決して無駄にはなりません。

 

最後に、私の座右の銘を皆さんに贈ります。

Where there’s a will, there’s a way. (意志あるところに道はひらける)

 

都の西北、早稲田の杜でお会いできることを楽しみにしています!