大学での友達の作り方~高校までとどう違う?~

【特集!】早大生の事情, 夏休み特別号!, 学生生活

こんにちは、創造理工学部3年のY.Tです。

今回のブログのテーマは「友達の作り方」です。

深いテーマですね…。意外と多くの新入生が気にしていることです。

「大学では友達できるだろうか?大学生はどんな生活してるんだろう……?」なんて高校生のみんなは思っているでしょう。

確かに、大学生になると授業のほとんどを各自が選択するため、高校生の頃みたいに毎日顔を合わす友達なんかそういません。

しかし、安心してください。大学生として普通に生活していれば、友達はできます。そういった意味では高校までとあまり変わりません。

大学生活に高校までと違うところがあるとすれば、自分が何をやるか、全てを自分で決める必要がある、ということです。

学部の授業で頻繁に会ったりサークルや部活の仲間、バイト先の同僚など、各自の選択によって、大学生の友達の幅はとても広く多様になります(どの授業を履修するかも、大学生は自分で選びます!)。


まあ、今回のテーマは友達ができるかどうか(YES or NO)ではなくてどうやってつくるか(HOW)ですね

<How>について言えることがあるとすれば…まず、積極的に声をかけましょ。

当たり前すぎますか?これまでの高校生活と変わらない?

友達の作り方なんて今までとなんら変わりません。

きっかけなんてそこら中に落ちています。

 学問でも、サークルでも、アルバイトでも、自分が選んだこと、やると決めたことを続けていれば、その結果として仲間は増えていくでしょう。

「友達の作り方」はこれまでと変わらないとしても、どこで何をやった結果として友達ができるのか、そこを自分で決めることができるのが大学生です!

 

早稲田大学にはたくさんの人がいます

そしてみんながそれぞれ違う人生を歩んできますが、共通して早稲田大学を志望して早稲田大学の学生となりました。

友達になる理由なんてそれだけで十分ですね。

同じ早稲田生となるだから、たくさんの人と出会って人生を豊かにしましょう。キャンパスで待っています!