高田馬場駅~早稲田キャンパスの通学事情

未分類

新入生のみなさん、一日の大学生活の始まりと言えば、通学ですよね~
今日は多くの在学生が利用している高田馬場駅から早稲田キャンパスへの通学情報をご紹介します。
私はリポーターの社会科学部1年の松本です。

高田馬場駅から早稲田キャンパスへ行くには以下3つの方法があります。

・地下鉄東西線

・バス

・徒歩

 

まずは東京メトロ東西線の高田馬場駅から早稲田キャンパスまでの道にご紹介します。

高田馬場駅で東西線(西船橋、東葉勝田台方面)に乗り、1つ目の駅でもう早稲田駅です。早稲田駅からは3a出口を出て左折し、そのまま真っ直ぐいくと、早稲田キャンパスの南門です。時間的に言えばとても速いです。


 運賃:160円
 時間:10分
 一言:通勤時間帯の東西線は人が溢れるほど多いです、なるべく余裕を持って登校しましょう。

 

次に高田馬場駅からバスに乗るルートをご案内します。高田馬場駅の早稲田口改札を出ると右手にバス停があり、そこから「早大正門」行きのバスが出ています。学バスと呼ばれ、
平日の7時台後半~18時までは約3~5分おきに発車し、終点は大隈講堂横の「早大正門」停留所に到着します。

 運賃:170円
 時間:10分~15分
 一言:運賃は地下鉄と比べちょっと高めだけど、こちらも便利です。

 

最後は徒歩の手段です。高田馬場駅から歩くことを在学生は「馬場歩き」と呼び、多くの学生が早稲田通りを歩いてキャンパスへ向かっています。高田馬場駅を出て馬場下町方向まで、真っ直ぐ歩いてください。出発から5分後、まず1つ目の大きい交差点、馬場口交差点に着きます。理工3学部が拠点とする西早稲田キャンパスへ向かう場合、そこで右折してください。

早稲田キャンパスと戸山キャンパスへ行く人はそのまま交差点を渡って真っ直ぐ進んでください。約10分後二つ目の大きい交差点、西早稲田交差点が見えてきます。10号館、11号館、14号館、15号館、16号館、22号館へ行く場合、西早稲田交差点から西門に向うと近道になります。

また、先ほどの道を下っていけば馬場下町交差点につき、左に曲がれば早稲田キャンパスの南門と正門が見えてきます。また、右方向にいけば文学部、文化構想学部が利用している戸山キャンパスが見えます。

 運賃:0円
 時間:20分~25分
 一言:時間は早歩きしても20分掛かりますが、たくさんのお店が並んでいますので、「馬場歩き」ならではのものが感じられます。早大生として、一度は体験してみてください。

 


こうはいナビ Facebookへ いいね!Twitterのフォロー はもうしましたか??