08-01. 私書箱メッセージを送信する

English(英語版)

私書箱メッセージではプロフィール画面から教員や履修者にメッセージを送信することができます。メールアドレスを管理したり、いちいち確認して打ちこむ必要がありません。またメールアドレスを公開することなくメッセージを送ることができます。

  1. 科目一覧から、私書箱メッセージを送りたい教員のいる科目をクリックします。
  2. 講義一覧画面が開きます。[担当教員名]のリンクをクリックします。
  3. 担当教員一覧画面が開きます。メッセージを送りたい担当教員名を確認し、[メッセージを送信する]リンクをクリックします。

    memo
    担当教員の設定によっては、メッセージを送信することができない場合があります。
  4. 私書箱メッセージ作成画面が開きます。上部の注意事項を確認し、タイトル・本文を入力し、をクリックしてください。
  5. 確認画面が表示されます。この内容でよければをクリックします。

    私書箱メッセージを送信することができました。
    送付内容などを確認したい場合は、Course N@viトップページのメニューから「私書箱」⇒「メッセージ一覧」をクリックしてください。送信履歴にて作成されたメッセージ内容を確認することができます。
memo
担当教員の設定によっては、履修者同士でメッセージを送信することもできます。
  1. 講義一覧画面で、操作のリストボックスからプロフィール一覧を選択し、をクリックします。

    注意
    プロフィール一覧を表示させるためには、担当教員が科目編集をして[プロフィール一覧]を [利用する]に設定している必要があります。プロフィール一覧が表示されない場合は、履修者同士での私書箱メッセージの送信はできません。
  2. プロフィール一覧が表示されます。
    メッセージを送りたい相手の氏名をクリックします。
  3. プロフィール画面が開きます。メッセージを送る対象に間違いが無いか確認し、をクリックします。

    以降は、講義一覧画面の担当教員名をクリックしてメッセージを送信する手順と同じです。

私書箱メッセージ作成画面の項目

項目 内容 備考
本文 私書箱メッセージの本文

(1)文字装飾が可能です。
太字・斜体・下線・文字色の変更・背景色の変更・左詰・中央揃え・右詰・インデント設定・文字のサイズ
(2)文字編集が可能です。
 コピー・ペースト・切り取り・元に戻す(先に進む)
(3)ファイル、表の挿入が可能です。
URLをリンクすることができます。
(4)入力画面の設定ができます。
HTML表示から画面イメージに表示を変更できます。
画面のサイズの変更ができます。
(5)数式エディタ「BrEdiMa」を使用することができます。

緊急連絡先に 緊急連絡先に送信するかどうか選択 「送信する」をチェックすると、対象者が登録した緊急宛先(メールアドレス2)にも送信されます。
 ただし送付先の利用者が個人設定で「私書箱メッセージのメール転送設定」を「転送しない」と設定している場合はメールの送信はされません。
memo
メールと私書箱メッセージの違いについて

複数に送信する メールアドレスが明記されない Course N@viにログインしなくてもいい
私書箱メッセージ
メール
memo
[私書箱メッセージの受信設定][私書箱メッセージのメール転送設定]は個人設定より行うことができます。初期状態で私書箱メッセージはメールに転送されるように設定されています。随時Course N@viにログインしてチェックするので、メール転送が不要という場合は、「個人設定」画面より転送設定を解除する必要があります。
参照
03-01-03 科目一覧画面の見方
memo
[私書箱メッセージの受信設定]を[受信しない]に設定している方には、メッセージを送信することはできません。

ページの先頭へ